不足しがちな野菜をとる

学校給食の際などに先生から「バランスの良い食事をとりましょう」と指導された経験がある人はどれほどいるでしょうか。現在、日本人の食生活は豊かになりましたが、健康のために一日で必要とされる野菜の摂取量目標を下回っている人は少なくありません。不規則な生活やインスタント食品頼みの食生活が続いて、シリアルやサプリメントなどで栄養を補っている人も多いのではないでしょうか。

食生活で野菜不足になる理由のひとつが「外食」です。特に仕事中のランチタイムで時間がないからと、手っ取り早く出てきてすぐ食べられるようなラーメンや牛丼を毎日のように食べている人は多いかもしれません。たしかに手軽ですが、そのような単品メニューでは野菜が不足しています。かといって、定食メニューでも一日に必要な野菜の量を考えると十分とは言えません、このようなメニューを頻繁に食べ続けることは女性にとって大問題です。美容にとっても健康にとっても野菜から得られるビタミン類はとても大切だからです。なんとかして一日のビタミン摂取量を増やしたいのであれば、ランチタイムやおやつの時間に「パンケーキ」を食べることをお勧めします。

ここ数年人気が高まっているパンケーキ専門店では、「スイーツ系」に加えて「ミール系」メニューを提供するところが増えました。スイーツ系パンケーキは生クリームやアイスクリーム、ヨーグルトなどと一緒に、様々なフルーツがトッピングされている場合、ビタミンだけでなく、同じく不足しがちだと言われている乳製品もとることができます。さらには、ナッツ類をトッピングすることやチョコレートソースを追加することもできるので、アンチエイジングや便秘解消の効果、抗ストレス効果を得られます。そして甘さを控えた食事メインのミール系メニューにも、そうした効果を期待できる組み合わせが多いのです。不足しがちなフレッシュ野菜のサラダなどだけではなく、ソーセージやベーコンなどの肉料理からは抗ストレス成分、サーモンやツナなどの魚料理が添えられているメニューからは抗酸化成分を摂れるでしょう。

「パンケーキ」と耳にすると、子供の頃に食べたふわふわのおやつを思い出す人は多いでしょう。現代のパンケーキは人気スイーツとして、また食事としてバランスの考えられたヘルシーなメニューへ進化しています。ここ最近、野菜不足だと感じている人はラーメンや牛丼にサラダを追加するのではなく、バランスの取れたパンケーキメニューを食べてみてはいかがでしょうか。